7月3日「ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験」修正。

6月19日「ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・経験者」修正。

6月18日「ネットワークエンジニアにおすすめの紹介予定派遣」修正。

ネットワークエンジニア・転職理由の書き方

転職する理由

転職するときに必ず聞かれること。それは、なぜあなたは転職するのか、という純粋な質問です。ここで重要なのが、面接官の頭にはてなの残らない納得できる転職理由を答えることです。エンジニアの転職理由の書き方をみていきましょう。

 

目次;

  • 転職の理由はどうあるべきか
  • ネットワークエンジニアの評価される転職の理由
  • ・運用監視から設計構築への転職理由
  • ・IT業界の構造と自分自身のスキルアップを合わせた転職理由
  • ・インフラ系エンジニアからプロジェクトマネージャへの転職理由
  • ・ネットワークエンジニアからサーバエンジニアへの転職理由
  • 自分だけで就職活動をすると失敗しやすい理由と対策

転職の理由はどうあるべきか

一般的なホンネは、人間関係や給与、もしくは労働時間です。これがホンネの転職理由の八割です。当然のことですが、大人の世界でホンネの転職理由を書いてはいけません。

  1. 人間関係
  2. 給与及び待遇
  3. 業務内容への不満

人間関係を理由にすると、面接官はあなたの協調性やコミュニケーション能力を疑ってしまいます。うちの会社でも上手くやっていけないかもと不安要素となってしまうので、人間関係を理由にするのはよくありません。

また、給与が安い、遅延したなどの退職理由は、本人にとってものすごく重要な話ではあります。しかし、お金を理由にしてしまうと、面接官によい印象を与えることはできません。本音を書かない方が得です。

業務内容への不満もよく分かりますが、前職の不満を評価してくれる面接官はいませんよね。面接を自分を売り込む場所と捉えるなら、不満を理由にすることはおすすめできません。とにかくネガティブな転職理由はいけません。転職理由は自分を売り込むためのモノです。

これまでの経験を生かして、さらにスキルアップするために転職をする。これがベストです。

 

ネットワークエンジニアの評価される転職の理由

前向きな理由であることが重要です。やはり専門職ですから、より高いレベルの仕事がしたいという純粋な理由です。あなたの目標と、応募する企業が同じライン上にあることが条件です。

運用監視から設計構築への転職理由

ネットワークの運用監視の仕事をしながら設計構築の勉強をしてきたが、いまの会社に希望する設計構築の案件がないので転職を考えている。転職理由としては成立しています。

 

IT業界の構造と自分自身のスキルアップを合わせた転職理由

IT業界は建築業界に似ています。仕事を直接受託できる企業とそうではない企業に分かれます。IT業界の構造について別の記事でも書いていますが、プロジェクトのマネジメントは、仕事を直接受託している企業の社員になりますので、弱小SI企業の正社員が派遣社員と変わらない理由がここにあります。

この構造を転職理由にすると効果的な理由ができます

 

インフラ系エンジニアからプロジェクトマネージャへの転職理由

転職理由:ネットワークやサーバの設計構築までできるようになったので、プロジェクトのマネジメントを学びたい。でも前の職場(現在の職場)では、プロジェクトのマネジメントをすることはできないので転職したい。資格を取得しておくと、あなたの熱意がさらに伝わります。

上記の例も転職理由としては、成立しています。

 

ネットワークエンジニアからサーバエンジニアへの転職理由

どちらもインフラ系エンジニアです。お隣同士の関係です。ネットワークエンジニアにサーバの知識が必要なようにサーバエンジニアもネットワークの知識が必要です。

どちらの知識もあると仕事の幅が広がるので転職理由を書くなら、

「ネットワークについて実務をこなすうちにネットワークの先にあるサーバに興味を持ち、サーバの世界を深堀りしたくなったので転職したい。」と、このような感じでしょうか。

しかし、まだ完全な転職理由としては成立していません。なぜ前の職場(現在)では、サーバを学ぶことができないのかについても書いておくべきです。

より具体的なあなたの技術目標と前の職場(現在の職場)で取得可能なスキルを比較することで、面接官にも納得できる自分だけの理由がみつかるはずです。

自分だけで就職活動をすると失敗しやすい理由と対策

失敗してしまう理由は二つあります。理由1は就活に無駄が多いですね。理由2は就職した後に起こる問題です。

  1. 自分の市場価値を理解していないため、リーチできる求人とできない求人を判別できていない。
  2. 応募する企業の内部情報を把握できない為、就職してからのミスマッチ

 

どちらの問題も専門性の高い人材紹介会社を利用することで解決できます。特に理由2の就職したけど、思っていたのと企業体質が違うことや、労働環境が悪いブラック企業などのリスクを避ける意味でも、人材紹介会社を利用した就活をするべきです。

未経験者を売り込むのが得意な人材紹介会社と経験者がスキルアップに利用する人材派遣会社があります。
ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験
ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・経験者

 

ネットワークエンジニアの就活を支援する記事

面接を自分を売り込む場所と捉えることで、他の求職者と差を付けることができます。営業なら当たり前のことですが、エンジニアはできない人の方が多いので簡単に差別化できてしまいます。
ネットワークエンジニアの面接マニュアル
勝つ就職術・差別化するには
人材コンサルタントとの付き合い方

 

 

以上、「ネットワークエンジニア・転職理由の書き方」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください