7月3日「ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験」修正。

6月19日「ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・経験者」修正。

6月18日「ネットワークエンジニアにおすすめの紹介予定派遣」修正。

女性がネットワークエンジニアになるメリット

なぜ女性エンジニは少ないのか?

ネットワークエンジニアに女性が少ない理由は、エンジニアに対する世間のイメージや勤務体系など、複数の理由があるのですが、女性がエンジニアになるメリットはネガティブなことを吹き飛ばしてしまうぐらい多いワケです。お得感が半端ない状態。

「冗談じゃないよ。ホントに。女だからって何なんだよ。」と文句を言いたい男性エンジニアもいることでしょう。

もし、あなたがキャリアを作りたいと考えているなら、戦略的にアドバンテージのある業種や職種を選ぶのは間違いではありませんよね。ネットワークを含むインフラ系のエンジニアはピッタリですよ。

女性ネットワークエンジニアのメリット

女性のネットワークエンジニアの現状とメリットを考える

ネットワークエンジニア
目次:

  • ネットワークエンジニアの男女比率
  • 女性エンジニアにはチャンスがいっぱい
  • プロジェクトを管理する立場からみた女性エンジニアについて
  • 同僚や同じプロジェクトで働くスタップからみた女性エンジニアについて
  • 女性ネットワークエンジニアの問題点
  • 女性の管理職について
  • 出世について

ネットワークエンジニアの男女比率

日本のITエンジニアの男女比率は男性8割、女性2割ぐらいでしょうか。WEB系は女性の割合が高く、インフラ系の女性の割合は低いです。ネットワークエンジニアになると男性9割、女性1割といったところです。もっと女性の割合は低いかもしれません。

 

女性エンジニアにはチャンスがいっぱい

女性が少ないということはチャンスが多いということを意味します。採用する立場の人間は、当然スタッフの男女比率を考えています。

企業の一つの部署にITがあるのであれば、男女比率は一般企業に近づきます。しかし、SIに特化した企業の場合は、企業内にエンジニアの占める割合が高くなることから、女性が極端に少ない会社になります。

要するに、女性エンジニアのメリットはこちら。文句はありませんね。

  • 大手に入社しやすい
  • 無理だと思える企業も狙える

 

プロジェクトを管理する立場からみた女性エンジニアについて

社外プロジェクトのメンバーを集める場合、PM(プロジェクトマネージャー)からの視点になりますが、女性エンジニアは少ないので目につきます。プロジェクトのメンバー選考のため、ぱらぱらと履歴書・職務経歴書を眺めていると女性のところで手が止まってしまいます。もちろんスキルが足りないと話になりませんが。

男性ばかりの職場が荒みやすいことをPMは理解しています。女性ならではの気遣いがプロジェクトにもたらすメリットは意外と大きいです。これは女性ばかりの職場にも言えるかもしれませんね。

例えば、女性向けの製品を作るアパレルなど、販売店だけでなく本社も魑魅魍魎の世界です。血を血で洗う戦いが日々繰り返されています。

 

同僚や同じプロジェクトで働くスタップからみた女性エンジニアについて

プロジェクトメンバーに女性が加わることを嗅ぎつけた男性エンジニア達は、数週間前から女性が加わることを楽しみにしています。休憩中に、会ったこともない女性エンジニアについて熱く語っているわけです。ホント可哀想な奴らなんです。

また、普段の仕事(運用や構築)で女性と接する機会がまったくないエンジニアは多い。しかも、家族以外の異性と話をしたことがないようピュアな男性がIT業界にわんさかいます。女性スタッフと仕事をすることを考えただけでソワソワしてしまう。

そのような悲しい男性エンジニアをうまく利用しましょう。これが自分のタスクを減らすコツです。私が女性なら確実に利用して出世を狙います。利用できるものは利用するのが正義。

  • ピュアな男性エンジニアを手玉にとること

 

先輩エンジニアがサポートしてくれる

女性と接する機会が少ない男性エンジニアは、どうしても女性エンジニアに甘くなってしまいます。正直に書きます。激アマです。いつもは後輩に厳しく接している男性エンジニアも例外ではありません。

ここでまで読んだ女性の方は、引いてしまうかもしれませんが、どの職場やプロジェクトでも間違いなく大歓迎で迎えられます。モテナイあなたにもモテ期しかない優しい世界はある。

  • 女性エンジニアなら婚活はいらない

男性が多い職場に女性が入社するのと女性が多い職場に男性が入社するのは同じかもしれませんが、IT業界、特にインフラの世界は、女性であることが非常に有利になる業種です。

 

女性ネットワークエンジニアの問題点

ネットワークの運用監視業務には夜勤があります。女性に夜勤をさせるのは、たとえセキュリティのしっかりしたデータセンターであっても不安を感じる企業もあります。女性は日勤で固定してくれる企業もあることでしょう。

しかし、上流工程と呼ばれる設計構築業務でもたまに夜勤はあります。一般の職業と同じような日勤中心の勤務ですが新規ネットワークの導入や既存ネットワークのリプレースになると、土日や平日の夜間に出社することになります。サーバ室での勤務になるので、あなたの自宅よりも確実にセキュアな環境だけど夜勤はある。

労働時間が安定しないことからネットワークエンジニアになることを躊躇する女性が多いのも事実ですが、海外のように女性のネットワークエンジニアは今後増えていくことでしょう。

#上流工程になると日勤がベースになります。

女性の管理職について

ITエンジニアに女性が少ないことは理解していただいたと思います。エンジニアを管理する立場の人間も男性が中心で女性は少ないです。チャンスが少ないことが理由ではありません。チャンスは男性以上にあります。

 

女性管理職が少ない2つの理由

海外のIT企業では、女性の管理職なんて当たり前です。しかし、日本はそうではありません。

  • 結婚して仕事をやめてしまう
  • そもそもITエンジニア興味を持つ女性が少ない

 

出世について

これは社会の流れかもしれませんが大企業は女性の管理職を増やしたいと考えています。女性ITエンジニアの分母が少ないことや、大企業の方針を加味すると女性がインフラエンジニアになるメリットはたくさんあります。

 

エンジニアとしてのキャリアをつくる為の記事

未経験者が自分で自分のキャリアを決めるのは難しい。将来のザックリとしたイメージはあるのかもしれませんが、そのイメージを実現する為のプロセスが抜け落ちていることが多いので人材コンサルトに相談しましょう。ブラック企業をさける意味でもIT業界に強いエージェントを利用しましょう。

ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験

 

以上、「女性がネットワークエンジニアになるメリット」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください