7月20日「ネットワークエンジニアにおすすめの紹介予定派遣」修正。

7月3日「ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験」修正。

派遣で働くネットワークエンジニアのキャリア

派遣のネットワークエンジニアのキャリアを考える場合、対象となるユーザは以下の2パターンです。派遣でのキャリア育成は、正社員の仕事を探しているけど希望する企業に入社できない人も興味があるはずなのでメリットやデメリットを知っておきましょう。

■当記事が想定するユーザ

  1. これからネットワークエンジニアになる未経験者【正社員・派遣】
  2. 既に派遣で仕事をしているネットワークエンジニア

 

派遣のキャリア術

派遣で働くネットワークエンジニアのマニュアル

ネットワークエンジニア
目次:

  • 派遣のネットワークエンジニアになるメリット
  • ・未経験でもネットワークエンジニアのキャリアをスタートさせることができる
  • ・短期間でキャリアアップするために
  • 派遣のデメリットについて
  • ・派遣が辞められない
  • ・時給が高いから正社員になりたくない問題
  • ・派遣で働く期間を決めておく
  • 将来、正社員になるつもりで派遣で働くなら
  • ・正社員になる為の選択とは
 

派遣のネットワークエンジニアになるメリット

派遣でエンジニアとして仕事をすることは、短期間で多くの案件に関わることができるのでスキルアップに繋がります。ネットワークの監視からキャリアをスタートさせ、運用、構築設計と背伸びしながら新しい案件に挑戦してくことで、理想的なスキルアップが可能です。

  • 未経験でもネットワークエンジニアとして仕事に就ける
  • 短期間で理想的なスキルアップが可能
  • 時給3,000円程度なら比較的簡単に到達できる

背伸びした案件に応募するためには、資格を取得したり、独学でネットワークやサーバを構築したり、あなたのスキルを裏付けるものが必要になります。この部分は正社員とは違うので注意して下さい。

 

未経験でもネットワークエンジニアとしてキャリアをスタートさせることができる

簡単に仕事をはじめることができるのですが、下流工程とよばれる簡単な業務に長く留まることは、エンジニアとしての死を意味します。そもそもエンジニアと求人に記載されていますが、役割はオペレータです。年齢を重ねるごとに不利になっていきます。

短期間でキャリアアップするために

案件選びや職場以外での努力(コソ練(注1))が必要なことは言うまでもありませんが、仕事を覚えたら新しい案件に挑戦することで、正社員では考えられないほど短期間で場数を踏むことができます

*注1:コソ練とは、独学することです。人に隠れてコソコソと独学すること。

未経験でも3年もあれば、相当なレベルまで到達できます。受験生の気持ちで仕事以外の時間を学習に使いましょう。その覚悟がないのであれば、派遣のネットワークエンジニアになることはやめておきましょう。

 

 

派遣のデメリットとは

派遣でマネジメントに関わる案件はまずありません。注意するべきことは、派遣に腰を据えてしまうと、そこから抜けだせなくなります。ある一定の年齢になると、正社員になるにはエンジニアの経験とマネジメントの経験が求められるようになります。しかも、30歳を越えると上司が年下になります。

エンジニアとしての能力を短期間で向上させる為に派遣を利用するのが正解です。

派遣が辞められない

モチベーションを高く保って仕事をしているなら、あっ、という間に時給がアップします。誰でも時給3000円ぐらいまでなら比較的簡単に到達できます。英語ができるのであれば更に上を目指せます。

正社員になると所得が大幅に減るので派遣を辞められない方がいます。するずると派遣を継続して、自分の売りどきを逃さないようにしましょう。

派遣で働く期間を決めておく

あなたが派遣で働く前に、次のステップ(正社員)に移るまでの期間を決めておきましょう。どのようなことでも同じかもしれませんが、出口を見据えてからはじめることです。

 

将来、正社員になるつもりで派遣で働くなら

将来、正社員として仕事をするつもりなら、紹介予定派遣の業務もおこなっている派遣会社を選びましょう。

  1. OK・・派遣会社【一般派遣と紹介予定派遣】
  2. NG・・派遣会社【一般派遣のみ】

 

正社員になる為の選択とは

人材コンサルタントの立場になってみましょう。ふたりの求職者が派遣会社(エージェント)に登録しています。どちらの求職者も派遣で2年の経験があります。

  • Aさん・・・派遣で2年間の勤務実績(別の派遣会社での経験)
  • Bさん・・・派遣で2年間の勤務実績(同じ会社の派遣部門から)

上記、エージェント視点でのAさんとBさん。<

  • A・・・派遣で仕事をしていたときの勤務態度を把握できる求職者
  • B・・・1〜2時間面接しただけの求職者

 

もし、あなたが人材コンサルタントなら、どちらの求職者を企業にプッシュできますか? 紹介予定派遣は、人材を採用したい企業と求職者をマッチングするビジネスです。エージェントは、信用できる求職者ほど自信を持って営業できるワケです。当然、求人募集している企業も採用しやすくなります。

ネットワークエンジニアにおすすめの派遣会社

 

ネットワークエンジニアになるために読んで欲しい記事

正社員を目指すなら、人材紹介会社を利用してブラック企業を避けましょう。

ネットワークエンジニアに最適な人材紹介会社・未経験
ネットワークエンジニアの面接マニュアル
ネットワークエンジニアの転職理由の書き方

 

 

以上、「派遣で働くネットワークエンジニアのキャリア」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください